メインイメージ画像

開業資金の融資元について

いつかは独立・開業してみたいとお考えの方、開業をする場合には、資金が必要になります。そのお金を自己資金で用意できる方もいらっしゃるのですが、その自己資金が不足している方々はどこかしらの団体から借りている事が多いです。そして開業者の方々は、可能な限り金利が低めな所から借りたいと思っている傾向があります。

例を言えば自治体です。各自治体には、独立開業者を支援する制度が存在するのです。その一環として、融資を行っている場合も多々あります。

端的に言えば公的融資なのですが、それは民営の団体から借りる方法に比べれば手数料が低めになっているケースが多いです。そして開業をしている方々は資金を倹約したいと考えている事も多いため、往々にして公的な機関から借りている流れがあります。ただしその状況に注意点が1つあり、たいていは保証人が求められるのです。例えば借りた後に、返すのに遅れてしまう事態が起きたとします。それで期日までに返すのが遅れると困るので、保証人を用意する事になります。それが求められる事が非常に多いのが、公共団体の目立つ点です。

一方民営機関は、それが求められない事が多々あります。なので、保証人を立てるのが難しい時には、公的機関でなく民営団体を利用している方々も多いです。加えて民営団体の中には、スピードが早い企業も見られます。公的な団体の折は資金の確保までに時間が要る事も多々あるのですが、民営の場合は比較的迅速に行えます。そして独立開業の方々は、大至急資金を確保したいと思っている事もあります。

その場合は公的な機関からの融資よりも、むしろ民営団体の方が適当な事もあるのです。代償として手数料は高額になります。

なお手数料をできるかぎり節約するためには、できるだけ自己資金を確保しておくことをお勧めします。借りている金額が多いのであるのならば、それだけ手数料も高くなってしまう傾向があります。無理の無い範囲までは自己資金で開業資金を捻出し、残り分をどこかの団体による融資で捻出するのが普通です。

更新情報